ダイガクコトハジメ - 開成学校/大学南校

医学校/大学東校

 

創立  : 1858(安政5)年5月

創立者 : 伊東玄朴大槻俊斎

​前史  :

国学・漢学の昌平学校、洋学の開成所/開成学校、西洋医学の医学所/医学校の3校を統合 → 大学校(大学)東京大学の前身、文部省の前身

お玉ヶ池種痘所 → 西洋医学所 → 医学所 → 大病院 → 医学校兼病院 → 大学校(大学)/大学東校 → 東校 → 第一大学区医学校 → 東京医学校 → 東京大学医学部

​「医学校/大学東校」年表

1858(安政5)年5月

  • 天然痘の予防及び治療を目的に、日本各地に「種痘所」が設立される。長崎の「鳴滝塾」でフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトよりオランダ医学を学んだ伊東玄朴大槻俊斎、戸塚静海らを中心に、蘭方医83名の出資により「お玉ヶ池種痘所」を開設。種痘の普及と西洋医学の講習を行うことを目的とする。

1858(安政5)年5月

  • 大槻俊斎(51-52歳)、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトよりオランダ医学を学んだ伊東玄朴・戸塚静海らと共に、江戸に「お玉が池種痘所」開設。所長となる。

1858(安政5)年11月

  • 神田相生町からの出火で「お玉ヶ池種痘所」消失。伊東玄朴大槻俊斎の自宅を臨時の種痘所に、種痘業務を続ける。

1859(安政6)年9月

  • 下谷和泉橋通りに「種痘所」を再建。

1860(万延元)年10月27日

1861(文久元)年

  • 教育機関としての性格が強くなり、「西洋医学所」と改称。組織を種痘、医学教育、解剖の3科とする。

1862(文久2)年8月

1862(文久2)年8月

  • 緒方洪庵(51-52歳)、幕府の度重なる要請により、奥医師兼「西洋医学所」2代頭取として江戸に出仕。歩兵屯所付医師を選出するよう指示を受け、手塚良仙、島村鼎甫ら7名を推薦。

  • 緒方洪庵、「西洋医学所」に「適塾」式の輪読・輪講・討論などの学習法を取り入れる。

1862(文久2)年8月8日

1863(文久3)年2月

  • 「西洋医学所」、「医学所」と改称。

1863(文久3)年6月10日/7月25日

  • 緒方洪庵(54歳)、江戸の「医学所」頭取役宅で突然喀血、窒息により死去。享年54歳。

1863(文久3)年7月

  • 松本良順(30-31歳)、「医学所」3代頭取就任。「適塾」式を廃止、教育内容、教育方法の大改革を断行。「専ら究理、舎密、薬剤、解剖、生理、病理、療養、内外科、各分課を定めて、午前一回、午後二回、順次その講義をなし、厳に他の書を読むことを禁じたり」

1865(慶応元)年春

  • 松本良順(32歳)、ポンペの教えに従い、「医学所」の組織を整備拡充、7科(物理・化学・解剖・生理・病理・薬剤学・内科・外科)を置く。

1866(慶応2)年5月

1868(慶応4/明治元)年

  • 幕府解体、明治新政府の布告により、「開成所」と共に新政府に接収される。

1868(慶応4/明治元)年7月

  • 横浜の軍陣病院を下谷藤堂邸に移転、「医学所」を含めて「大病院」と称す。

1868(明治元)年12月10日

1869(明治2)年1月

  • 相良知安(32歳)、岩佐純と共に明治新政府の医学取調御用掛に命じられる。明治新政府に、イギリス医学ではなくドイツ医学の採用を進言、採用される。ドイツ医学の採用に尽力。

1869(明治2)年2月

  • 「大病院」、「医学校兼病院」と改称。5局(医学校・病院・種痘館・黴毒院・薬園)を置く。

1869(明治2)年6月

1869(明治2)年7月8日/8月15日

  • 明治新政府が官立の教育機関および教育行政官庁を構想、大学校」設立。教育機関としては、国学・漢学の昌平学校」、洋学の「開成所/開成学校」、西洋医学の「医学所/医学校」の3校を統合。「昌平学校」を中枢機関とする案を構想した。また同時に、日本全国の学校行政を管轄する官庁を兼ねるとされた。長官・学長に相当する大学別当に、松平春獄が就任。

1869(明治2)年12月17日/1月18日

  • 「大学校」を「大学」と改称。「昌平学校」を「大学本校」に、大学本校の南に所在していた「開成学校」は「大学南校(だいがくなんこう)」、東に所在していた「医学校」は「大学東校(だいがくとうこう)」と改称された。

1870(明治3)年5月

  • 明治新政府、「大学東校」の上野移転を決定。

1870(明治3)年7月

  • 普仏戦争の影響により、ドイツ人教師ミュルレルとホフマンの来任が遅れる。「大阪医学校」教師の任期を終えたオランダ医ボードウィンに講義を委嘱。「大学東校」の上野移転計画はボードウィンの反対により中止。

1870(明治3)年11月

  • ドイツ医学修得のため、池田謙斎、大沢謙二、長井長義ら9名が国費留学。

1871(明治4)年7月18日/9月2日

  • 明治新政府、太政官布告「大学ヲ廃シ文部省ヲ置ク」。「大学」を廃止、神田湯島の湯島聖堂内(「昌平坂学問所」跡地)に、日本の学校行政を管轄する官庁として「文部省」設置。当初長官として江藤新平が文部大輔に就任。まもなく、初代文部卿に大木喬任が就任。近代的な日本の教育制度・学制・師範学校の導入にあたった。​​

  • 大学」休止・廃校により、「大学南校」と「大学東校」が独立。この一連の過程で、政府において洋学中心による「東京大学」創立の方針が固まる。次第に、洋学者が国学者・漢学者を圧倒するようになる。

1871(明治4)年7月21日/9月5日

  • 文部省管轄に。「大学東校」は「東校」と改称。

1871(明治4)年8月

  • ドイツ人教師ミュルレルとホフマンが来任。外科学、内科学を講義。ミュルレルに日本の医学教育制度構築の全権を託す。

1871(明治4)年11月

  • 種痘館を廃止。「東校」に種痘局を開設。

1872(明治5)年8月2日/9月4日公布

学制、日本最初の近代的学校制度を定めた教育法令。109章からなり、「大中小学区ノ事」「学校ノ事」「教員ノ事」「生徒及試業ノ事」「海外留学生規則ノ事」「学費ノ事」の6項目を規定。全国を学区に分け、それぞれに大学校・中学校・小学校を設置することを計画。身分・性別に区別なく、国民皆学を目指す。フランスの学制にならい、学区制を採用。​

1872(明治5)年8月

  • 「学制」公布により、「第一大学区医学校」と改称。​

1872(明治5)年9月

1872(明治5)年10月8日

1873(明治6)年6月

  • 相良知安(36歳)、「第一大学区医学校」校長および文部省医務局長兼築造局長を罷免。ドイツ医学採用の経緯や明治六年政変(征韓論争)で下野した親友・江藤新平の支持が原因と言われる。

1873(明治6)年6月

  • 製薬学教場を置く。

1874(明治7)年5月

  • 「第一大学区医学校」を「東京医学校」と改称。

1874(明治7)年10月3日

1874(明治7)年

1876(明治9)年11月

  • 「東京医学校」、本郷に校舎病院の建築が完成、 移転。

1876(明治9)年

1877(明治10)年4月12日

  • 東京開成学校本科」と「東京医学校」が統合。法学部・理学部・文学部・医学校の4学部からなる、「東京大学」設立。しかし、1881(明治14)年の組織改革に至るまで、実態は「旧東京開成学校」と「旧東京医学校」の連合体であった。学科について、法学部に法学の一科。理学部に化学科・数学物理学および星学科・生物学科・工学科・地質学・採鉱学科の五科。文学部に史学哲学および政治学科・和漢文学科の二科。医学部に医学科・製薬学科の二科が設けられ、それぞれ専門化した学理を探究する組織が目指された。あわせて、「東京大学法・理・文三学部」予科として基礎教育・語学教育機関「東京大学予備門」が付設される。

1877(明治10)年4月13日

1877(明治10)年4月13日

1879(明治12)年3月5日

1881(明治14)年

  • 東京大学」、機構改革。「東京大学法学部・理学部・文学部三学部」と「東京大学医学部」を名実共に統合。単一の総理を新設。東京大学初代総理に、加藤弘之。それぞれの学部に、学長が置かれる。神田錦町に校地のあった「東京大学法・理・文三学部」は、1885(明治17)年にかけて「東京大学医学部」に隣接する本郷新校舎に移転を完了。

1881(明治14)年7月6日

1881(明治14)年7月14日