一橋大学

矢野二郎

やのじろう

1845(弘化2)年1月15日/2月21日 - 1906(明治39)年6月17日

1845(弘化2)年1月15日/2月21日

  • 矢野二郎、江戸駒込に幕臣・富永惣五郎と母・利恵(村尾氏)の次男として生まれる。幼名は次郎吉。父・富永惣五郎は微禄の御家人ながら、江川英龍・伊東玄朴らと交わる開明的人物であり、鎖国打破と西洋兵術の導入を唱える。幼少期より、大きな思想的影響を受ける。

  • 矢野二郎(2歳)、幕臣・矢野氏の養嗣子となり改姓。そのまま実家で育つ。

1860(万延元)年

  • 矢野二郎(14-15歳)、幕府訳官・森山多吉郎、西吉十郎に英語を学ぶ。尺振八・益田進(益田孝)と終生にわたる交友を結ぶ。

1861(文久元)年

  • 矢野二郎(14-15歳)、水戸藩士による東禅寺事件が起こる。尺振八・益田進(益田孝)と共に、幕府の外国方訳官に抜擢され、関係各国との事後交渉に。

  • 矢野二郎(14-15歳)、尺振八・益田孝と共に横浜在勤を願い出る。当時の税関たる運上所に配属、語学の腕を磨く。

1863(文久3)年10月/11月 - 1864(元治元)年7月/8月

  • 矢野二郎(18-19歳)、池田筑後守を団長とする第2回遣欧使節の訳官として、尺振八・益田孝と共に随行。翌年、帰国。

1865(慶応元)年

  • 矢野二郎(19-20歳)、幕府がフランス式兵制を採用した際の募兵に応じ、益田孝と共に騎兵伝習隊に入隊。指図役心得に。来日した仏軍事顧問団の下で演習参加。

1868(明治元)年

  • 矢野二郎(22-23歳)、幕府瓦解、多くの騎兵伝習隊隊員が旧幕軍として戊辰戦争に参加する中、これに与することなく官を辞し、士籍を脱する。

1868(明治元)年

  • 矢野二郎(22-23歳)、横浜に翻訳所を開く。翻訳業および外国貿易取引の仲介業に従事。成功を収める。

1870(明治3)年10月/11月

  • 矢野二郎(24-25歳)、駐米弁務使・森有礼の推挽を受け、外務省入省。二等書記官に任官。渡米、ワシントンに在勤、一時駐米代理公使となる。

1875(明治8)年8月

  • 矢野二郎(29-30歳)、同じくアメリアから帰国した森有礼と共に、商業教育の必要を唱える。福沢諭吉の賛同を得て、森有礼が東京銀座尾張町に私塾「商法講習所」開設。これに参加する。

1876(明治9)年5月

  • 矢野二郎(31歳)、森有礼が駐清公使として日本を離れることになったことから、東京会議所副会頭であった益田孝や勝海舟、大久保一翁らの熱心な説得を受け、「商法講習所」所長に就任。経営を引き継ぐ。折からの財政難から、移管のたびに行政当局から起こる廃校の動きに直面することに。森有礼や渋沢栄一など官界・財界の有力者の力を借り、廃校の危機を切り抜ける。経営者の手腕を最大限に発揮、日本最初の商業学校の基礎を固める。

1879(明治12)年頃

  • 島村鼎甫(48-49歳)、脳卒中を患い、半身不随、健忘に。麻布区広尾町33番地3000坪の屋敷を矢野二郎に売却。芝区愛宕下に移る。

1883(明治16)年11月

  • 矢野二郎(38歳)、所轄機関長である東京府知事・芳川顕正と衝突。「商法講習所」校長を辞任。

1884(明治17)年

1886(明治19)年

  • 矢野二郎(40-41歳)、「共立女子職業学校(後に共立女子大学)」の設立発起人に。創立に関与。

1893(明治26)年4月

  • 矢野二郎(48歳)、長期在任に伴う専権化した学校運営に不満を募らせた「高等商業学校」生徒による排斥騒動が激化。校長を退任。

  • 關一、「高等商業学校」校長・矢野二郎の長期在任に伴う専権化した学校運営に不満を募らせた生徒による排斥騒動が激化。この首謀者として退学処分を受けたが、後に復学。

  • 矢野二郎、東京商業会議所名誉会員に就任。

  • 矢野二郎、日本麦酒株式会社取締役に就任。

  • 矢野二郎、臨時高等商工会議議員に就任。

1904(明治37)年

  • 矢野二郎(58-59歳)、貴族院議員(勅撰議員)に選ばれる。

1906(明治39)年6月17日

  • 矢野二郎(62歳)、東京麻布広尾にて死去。享年62歳。贈正五位勲五等。

矢野二郎