top of page

ダイガクコトハジメ - 西村天囚

出身校

関連する学校・組織(前史)

関連する学校・組織(現代)

関連する教育者

  • 重野安繹

  • 島田篁村

参考情報

参考文献・書籍

年表

西村天囚

にしむらてんしゅう

1865(元治2/慶応元)年9月12日(旧暦7月23日) - 1924(大正13)年7月29日

重建懐徳堂大阪大学文系学部の源流)再建、大阪朝日新聞(朝日新聞大阪支社の前身)主筆

  • 1865(元治2/慶応元)年9月12日(旧暦7月23日) 西村天囚(1歳)、隅国種子島西之表に生まれる。

  • 1880(明治13)年 西村天囚(16歳)、東京帝国大学古典講習科入学。重野安繹・島田篁村に学ぶ。

  • 1889(明治22)年 西村天囚(25歳)、大阪朝日新聞入社。

  • 1893(明治26)年 西村天囚(29歳)、福島安正のシベリア単騎横断をウラジオストクで出迎え、取材。

  • 1894(明治27)年 西村天囚(30歳)、日清戦争、従軍記者として取材。

  • 1896(明治29)年 西村天囚(32歳)、東京朝日新聞編集局主宰に。

  • 1902(明治35)年 西村天囚(38歳)、大阪朝日新聞に戻る。

  • 1914(大正3)年 西村天囚(50歳)、大阪朝日新聞編集顧問に。

  • 1916(大正5)年 西村天囚(52歳)、京都帝国大学講師に。

  • 1916(大正5)年 西村天囚(52歳)、漢学者として懐徳堂の復興を祈念。大阪財界や政界に働きかけ、重建懐徳堂大阪大学文系学部の源流)再建。長く帝国大学が設置されなかった大阪において、事実上唯一の文科大学としての機能を担うことになる。

  • 1919(大正8)年 西村天囚(55歳)、大阪朝日新聞退社。

  • 1920(大正9)年5月 西村天囚(56歳)、文学博士に。

  • 1920(大正9)年6月 西村天囚(56歳)、島津家臨時編輯所編纂長に。

  • 1921(大正10)年8月 西村天囚(57歳)、宮内省御用掛に。

  • 1923(大正12)年9月 西村天囚(59歳)、正五位に叙せられる。

  • 1924(大正13)年1月 西村天囚(60歳)、御講書控に。

  • 1924(大正13)年7月29日 西村天囚(60歳)、死去。享年60歳。従四位に叙せられる。

bottom of page