東京工業大学

正木退蔵

まさきたいぞう

1846(弘化3)年10月24日/12月12日 - 1896(明治29)年4月5日

1846(弘化3)年10月24日/12月12日

  • 正木退蔵、長門国萩城外土原村渡り口筋に萩藩大組士・正木治右衛門の三男として生まれる。

  • 正木退蔵、佐伯丹下の養子となるも、後に正木姓に復す。

1858(安政5)年

  • 正木退蔵、毛利元徳小姓として長州正義派に与す。

  • 正木退蔵、大村益次郎の「三兵学科塾」で蘭学、兵学を学ぶ。「三田尻海軍学校」で英学を学ぶ。

1870(明治3)年

  • 正木退蔵(23-24歳)、井上馨に従い、東京に上る。

1871(明治4)年

  • 正木退蔵(24-25歳)、大蔵卿となった井上馨により、造幣技術習得を目的に木戸正二郎と共にイギリスに派遣される。ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン化学教室に入り、教官チャールズ・グラハム宅に下宿しながら、アレキサンダー・ウィリアムソンに化学を学ぶ。またロバート・ウィリアム・アトキンソンとも知り合う。

1872(明治5)年

1874(明治7)年

  • 正木退蔵(27-28歳)、帰国。「開成学校」教授補に。教授として招聘されたアトキンソンを補佐、化学を講義。

1875(明治8)年10月

  • 正木退蔵(28-29歳)、病気悪化。生死を彷徨うも、テオドール・ホフマンの尽力で快復。

1876(明治9)年6月

  • 正木退蔵(29歳)、「東京開成学校」のイギリス留学生監督として、穂積陳重、岡村輝彦、向坂兌、桜井錠二、杉浦重剛、関谷清景、増田礼作、谷口直貞、山口半六、沖野忠雄の10名を引率、アメリカ経由で再びロンドンに渡る。文部省に留学生の就学状況を報告。

1878(明治11)年夏

  • 正木退蔵(31歳)、渡英中、お雇い外国人の周旋も任務に。エディンバラ大学フリーミング・ジェンキン宅で物理学者ジェームズ・アルフレッド・ユーイングを紹介され、「東京大学」に招聘。

1881(明治14)年9月27日

  • 正木退蔵(34歳)、九鬼隆一により日本に呼び戻される。「東京職工学校」創立手続きに奔走。「東京職工学校」創立。初代校長に。学則改正、煉瓦校舎建設、学生募集に当たった後、「化学工芸科実験工場」を設立。

1890(明治23)年4月16日

  • 正木退蔵(43歳)、ハワイ王国領事に就任。ホノルルにて、日本人移民の賃金調停や本国送金の事務に当たる。

1891(明治24)年

  • 正木退蔵(44-45歳)、横浜正金銀行ホノルル支店を開設。これまでサンフランシスコ支店経由だった事務を簡略化。

1893(明治26)年1月

  • 正木退蔵(46歳)、ホノルル駐在を解かれる。

1893(明治26)年3月

  • 正木退蔵(46歳)、公職から離れる。

1896(明治29)年4月5日

  • 正木退蔵(49歳)、死去。享年、49歳。