一橋大学

關一

せきはじめ

1873(明治6)年9月26日 - 1935(昭和10)年1月26日

1873(明治6)年9月26日

  • 關一、静岡県伊豆に旧幕臣で沼津兵学校第4期資業生の關近義と母・よしの長男として生まれる。父は、明治維新後に徳川将軍家の駿府移封に従って静岡県に移った。母・よしは「共立女子職業学校」教員。

  • 關一、「高等商業学校」校長・矢野二郎の長期在任に伴う専権化した学校運営に不満を募らせた生徒による排斥騒動が激化。この首謀者として退学処分を受けたが、後に復学。

1893(明治26)年

  • 關一(19-20歳)、「高等商業学校」卒業。大蔵省、入省。監督局銀行課、配属。

1894(明治27)年

  • 關一(20-21歳)、大蔵省、辞職。

1894(明治27)年

  • 關一(20-21歳)、後輩の福田徳三と共に、「神戸商業学校」教諭に。

1896(明治29)年

  • 關一(23歳)、「新潟市立商業学校」校長に。

1897(明治30)年

  • 關一(23-24歳)、「高等商業学校」教授に。社会政策論及びその延長として都市計画論を講じる。

1898(明治31)年

  • 關一(24-25歳)、文部省に命じられ、ベルギー留学。アントウェルペンの鉄道学校などで学ぶ。

1900(明治33)年

  • 關一(26-27歳)、ドイツ留学。アドルフ・ワーグナーやグスタフ・フォン・シュモラーの講義を受講、本格的に経済学者から社会政策学者に転向。

1900(明治33)年1月-2月

  • 關一(26歳)、ベルリンで留学中の福田徳三と再会。親密に交流。

1901(明治34)年1月

  • 關一(27歳)、​欧州留学中の「高等商業学校」教授たち(石川巌・石川文吾・神田乃武・瀧本美夫・津村秀松・福田徳三・志田鉀太郎)とベルリンにおいて「商業大学の必要」を建議。「高等商業学校」の大学昇格運動を開始。

1901(明治34)年11月

  • 關一(28歳)、ドイツ留学より帰国。​

1904(明治37)年4月

  • 關一(31歳)、「高等商業学校」同僚の下野直太郎、星野太郎、佐野善作、村瀬春雄、坂本陶一、石川文吾、瀧本美夫、横井時冬らと共に、「明治大学商学部」設立に尽力。講師に就任、鉄道・経済政策を講じる。

1908(明治41)年9月 - 1909(明治42)年5月

  • 申酉事件、大学への昇格を目指す「東京高等商業学校」に対し、第2次桂内閣および文部省は「東京帝国大学法科大学」に経済・商業2科を新設。さらに、「東京高等商業学校専攻部」を廃止、「東京帝国大学法科大学」に事実上吸収する方針を決定。大学昇格を真っ向から否定。これにより、10年にわたる「東京高等商業学校」の大学昇格運動は挫折、運動を進めてきた関一佐野善作ら4教授は辞表を提出、松崎蔵之助校長も問責により辞職に追い込まれる。

1909(明治42)年

  • 關一(35-36歳)、「東京高等商業学校専攻部」廃止計画への抗議として学生たちが総退学した申酉事件に連なり、抗議の依願退官。嘱託講師に。

  • 東京高等商業学校」側は、単独での大学昇格を第一の目標とした。次善の策として、「東京帝国大学」内に「東京高等商業学校」を母体とし、商科大学を新設することも止む無しとしていた。しかし、文部省はいずれの案も認めず、「東京帝国大学法科大学」教授会側も文部省案を受け、商科を「東京高等商業学校」とは別に、独自に設置することを決議。

  • 文部省令により「東京高等商業学校専攻部」廃止。この決定に対し、「東京高等商業学校」側は激しく反発。学生も総退学の意思を表明、紛争・学生騒動となる。事態に対し、財界の大立者、「東京高等商業学校」の商議員でもあった渋沢栄一が調停に乗り出す。文部省も折れ、「東京高等商業学校専攻部」は存続が決定した。「東京高等商業学校」側の勝利により、その後の大学昇格への道が開かれることになる。

1910(明治43)年

  • 關一(36-37歳)、法学博士を取得。

1911(明治44)年

1914(大正3)年

  • 關一(39-40歳)、「東京帝国大学」による「東京高等商業学校」吸収合併計画が発覚し、大学教授の世界に嫌気がさす。「京都帝国大学」戸田海市教授及び「東京高等商業学校」小山健校長の紹介・斡旋で、池上四郎市長の補佐として大阪市助役に招かれる。助役就任に関し、「栄誉ある東京高等商業学校教授を辞し、格下の大阪市助役に就任するのはどういうことか」と騒がれる。文部省渋沢栄一からも留まるよう説得を受けるも、意思は変わらず。

1923(大正12)年

  • 關一(49-50歳)、第7代大阪市長に就任。以後20年にわたり大阪市助役・大阪市長を務め、「大大阪時代」を実現。「大阪の父」と呼ばれる。

  • 關一、社会政策学や都市計画学の知見を活かし、受益者負担金制度による御堂筋の拡幅の他、大阪都市協会設置、第二次市域拡張、市営公園や公営住宅の整備、大阪市営バス事業の開始、大阪港の建設、地下鉄の建設、大阪市高速度交通機関計画策定、淀屋橋や大阪駅前の区画整理事業、大阪城公園の整備及び大阪城天守閣の再建、大阪市民病院の開設、日本初の市立大学「大阪商科大学」開設、大阪市中央卸売市場の開設など、様々な都市政策を実行した。

  • 關一、政策に対する住民からの反対も多かったが、これらの実現によって人口が東京市をも上回ったどころか、世界各国の都市でも6番目の人口を擁することとなり、「大大阪時代」の全盛期を迎える。

1935(昭和10)年1月26日

  • 關一(61歳)、大阪市長在職中に死去。享年61歳。

關一