象山書院/五月塾

 

佐久間象山

さくましょうざん/ぞうざん

1811(文化8)年2月28日/3月22日 - 1864(元治元)年7月11日/8月12日

1811(文化8)年2月28日/3月22日

  • 佐久間象山、信濃埴科郡松代字浦町に信濃松代藩士・佐久間一学国善の長男として生まれる。佐久間家は5両5人扶持という微禄であったが、父・佐久間一学国善は藩主の側右筆を務め、卜伝流剣術の達人であり重用される。幼名、啓之助。

  • 佐久間象山、郷里の藩儒・窪田岩右衛門馬陵恒久が烏帽子親に。才能を高く評価される。

1824(文政7)年

  • 佐久間象山(12-13歳)、藩儒・竹内錫命に入門、詩文を学ぶ。

1826(文政9)年

  • 佐久間象山(14-15歳)、「湯島聖堂」佐藤一斎の門下生・鎌原桐山に入門、経書を学ぶ。また、藩士・町田源左衛門正喜に会田流の和算を学ぶ。水練を河野左盛から学ぶ。

1828(文政11)年

  • 佐久間象山(16-17歳)、家督を継ぐ。

1831(天保2)年3月-5月

  • 佐久間象山(20歳)、藩主・真田幸貫の世子、真田幸良の近習・教育係に抜擢。だが、高齢の父に対して孝養ができないとして辞任。

  • 佐久間象山(20歳)、漢文100篇を作り、鎌原桐山に提出。鎌原桐山だけでなく、藩主・真田幸貫からも学業勉励であるとして評価される。銀3枚を下賜。

1832(天保3)年4月11日 - 8月17日

  • 佐久間象山(21歳)、武芸大会にて、藩老に対し不遜な態度があったとし、藩主・真田幸貫より閉門を命じられる。この閉門の間、父・佐久間一学国善の病が重くなり、赦免。5日後、父・佐久間一学国善が死去。

1833(天保4)年11月

  • 佐久間象山(22歳)、江戸に出る。当時の儒学第一人者・佐藤一斎に詩文・朱子学を学ぶ。山田方谷と共に、「佐門の二傑」と称される。

1839(天保10)年

  • 佐久間象山(27-28歳)、江戸神田於玉ヶ池にて私塾「象山書院」創立。儒学を教える。

1842(天保13)年

  • 佐久間象山(30-31歳)、松代藩主・真田幸貫が老中兼任で海防掛に任ぜられる。顧問に抜擢され、アヘン戦争での清とイギリスとの混沌した海外情勢を研究することに。魏源『海国図志』などを元に『海防八策』上書。これを機に、蘭学修得の必要に目覚る。

1844(弘化元)年

  • 佐久間象山(32-33歳)、オランダ語をはじめ、オランダの自然科学書、医書、兵書などの精通に努める。これにより、藩主・真田幸貫より洋学研究の担当者として白羽の矢を立てられる。私塾「象山書院」を閉じ、江川英龍の下で兵学を学ぶ。

  • 佐久間象山、洋式砲術を使った戦略を短期間で習得するために、江川英龍の「伝授」「秘伝」といった旧来の教育方法では支障があった。意を汲んだ同じ高島流・下曽根信敦から文書を借り、学習を進める。教育に対する態度は近代的で、自らが書物から学んだことは、公開を基本とした。門弟より「免許皆伝」を求められた時も、その必要がないことを説明した上、断っている。

1850(嘉永3)年頃

  • 佐久間象山、私塾「象山書院」に近い江戸中津藩邸より、多数の中津藩子弟を受け入れ。砲術・兵学を教える。島津文三郎のように、直伝の免許を受けた者もいた。中津藩のため、西洋式大砲二門を鋳造。

1850(嘉永3)年

  • 吉田松陰(19-20歳)、アヘン戦争で清が西洋列強に大敗したことを知り、山鹿流兵学が時代遅れになったことを痛感。西洋兵学を学ぶため、九州遊学。次いで、江戸に出て佐久間象山、安積艮斎に師事。

1851(嘉永4)年

  • 佐久間象山(39-40歳)、大砲鋳造に成功、西洋砲術家としての名声を轟かす。蘭学を背景に、ガラスの製造や地震予知器の開発に成功、牛痘種の導入も企図。再び江戸に移住、木挽町に「五月塾」創立。砲術・兵学を教える。勝海舟、吉田松陰、坂本龍馬、小林虎三郎、河井継之助、橋本左内、岡見清熙、加藤弘之、山本覚馬ら後の俊才が続々と入門。

1851(嘉永4)年

  • 佐久間象山(39-40歳)、江戸にて、松前藩の依頼で鋳造した洋式大砲の演習を実施。砲身が爆発、大砲は全壊。観衆から大笑いされ、立ち会っていた松前藩の役人達からは「鋳造費用が無駄になった」と責め立てられる。しかし、「失敗するから成功がある」と述べて平然。「今の日本で洋式大砲を製造できるのは僕以外にいないのだから、諸大名はもっと僕に金をかけて稽古をさせるべきだ」と豪語、役人達を呆れさせる。

1853(嘉永6)年

  • 佐久間象山(41-42歳)、ペリー来航、松代藩軍議役として浦賀の地を訪れる。この報告を江戸幕府老中・阿部正弘に『急務十条』として奏上。この機に、吉田松陰に暗に外国行きを勧める。

1853(嘉永6)年

  • 吉田松陰(22-23歳)、ペリーが浦賀に来航。師・佐久間象山と黒船を遠望観察。西洋の先進文明に心を打たれる。同志・宮部鼎蔵に「聞くところによれば、彼らは、来年、国書の回答を受け取りにくるということです。その時にこそ、我が日本刀の切れ味をみせたいものであります」と書簡を送る。

1853(嘉永6)年

  • 吉田松陰(22-23歳)、師・佐久間象山の薦めもあり、外国留学を決意。同郷で足軽の金子重之輔と共に長崎に寄港していたプチャーチンのロシア軍艦に乗り込もうとする。クリミア戦争にイギリスが参戦した事から同艦が予定を繰り上げて出航、想いを果たせず。

1854(嘉永7)年

  • 吉田松陰(23-24歳)、日米和親条約締結の為にペリー再航。金子重之輔と二人、海岸につないであった漁民の小舟を盗んで下田港内の小島から旗艦ポーハタン号に漕ぎ寄せ、乗船。しかし、渡航は拒否され、小船も流される。下田奉行所に自首、伝馬町牢屋敷に投獄される。幕府の一部にて、佐久間象山・吉田松陰両名を死罪にという動きもあったが、川路聖謨の働きかけで老中・松平忠固、老中首座・阿部正弘が反対したために助命、国許蟄居となる。長州へ檻送された後、野山獄に幽囚。ここで富永有隣、高須久子と知り合う。獄中にて、密航の動機とその思想的背景を『幽囚録』に記す。

1854(嘉永7)年 - 1862(文久2)年

  • 佐久間象山(42-51歳)、門弟・吉田松陰がペリー再航の際に密航を企て、失敗。この事件に連座し、伝馬町牢屋敷に入獄。その後、松代での蟄居を余儀なくされる。

  • 江戸中津藩邸内にて、佐久間象山に学んだ中津藩士・岡見彦三が「蘭学塾」を設立。投獄・蟄居となった佐久間象山の後任を薩摩藩・松木弘安(後の寺島宗則)、杉亨二らが担っていた。しかし、幕府において勝海舟が台頭。「適塾」で塾頭をしていた福澤諭吉は、大砲も判り、勝海舟とも通じるため、白羽の矢が立てられる。中津藩家老が福澤諭吉を招聘、蘭学塾を任せる。

1858(安政5)年

  • 福澤諭吉(22-23歳)、幕末時勢の中、中津藩より江戸出府を命じられ、「適塾」を去る。江戸中津藩邸に開かれていた「蘭学塾」の講師となるため、古川正雄(後に古川節蔵)・原田磊蔵を伴い、江戸へ。築地鉄砲洲にあった奥平家中屋敷に住み込み、蘭学塾「一小家塾」にて蘭学を教える。間も無く、足立寛、村田蔵六の「鳩居堂」から移ってきた佐倉藩・沼崎巳之介、沼崎済介が入塾。「慶応義塾」の起源に。

1864(元治元)年

  • 佐久間象山(52-53歳)、一橋慶喜に招かれ、上洛。一橋慶喜に公武合体論と開国論を説く。当時京都は尊皇攘夷派の志士の潜伏拠点となっており、「西洋かぶれ」とされた佐久間象山には危険な行動であった。

1864(元治元)年7月11日/8月12日

  • 佐久間象山(53歳)、京都三条木屋町にて、前田伊右衛門・河上彦斎等の手にかかり暗殺される。享年、53歳。暗殺者・河上彦斎は後に佐久間象山の事歴を知って愕然とし、以後暗殺をやめてしまった。日本近代化を担う人材を多数輩出、幕末の動乱期に多大な影響を与える。