学習院大学・学習院女子大学

西村茂樹

にしむらしげき

1828(文政11)年3月13日/4月26日 - 1902(明治35)年8月18日

1828(文政11)年3月13日/4月26日

  • 西村茂樹、江戸の佐野藩邸に佐倉藩の支藩・野藩堀田家に仕える西村芳郁の子として生まれる。幼名、平八郎。

  • 西村茂樹(10歳)、佐倉藩校「成徳書院」に入学。佐倉藩が招いたた安井息軒より儒学を学ぶ。

1850(嘉永3)年

  • 西村茂樹(21-22歳)、大塚同庵に師事、砲術を学ぶ。

1851(嘉永4​)年

1853(嘉永6)年​

  • 西村茂樹(24-25歳)、ペリー艦隊来航に衝撃を受け、佐倉藩主・堀田正睦に意見書を提出。老中・阿部正弘にも海防策を献じる。

1856(安政3)年​

  • 西村茂樹(27-28歳)、佐倉藩主・堀田正睦が老中首座・外国事務取扱に。貿易取調御用掛に任じられ、外交上の機密文書を担当。

1873(明治6)年7月

  • 森有礼(25-26歳)、アメリカより帰国。富国強兵のためには人材育成が急務であり、「国民一人一人が知的に向上せねばならない」と考える。欧米で見聞した「学会」を日本で実現しようと、福澤諭吉加藤弘之中村正直・西周・西村茂樹・津田真道・箕作秋坪杉亨二・箕作麟祥らに働きかけ、日本初の近代的啓蒙学術団体となる「明六社」結成。初代社長に就任。会員には旧幕府官僚で、「開成学校」の関係者および「慶應義塾」門下生の官民調和で構成された。また、学識者のみでなく旧大名、浄土真宗本願寺派、日本銀行、新聞社、勝海舟ら旧士族など参加。

1873(明治6)年

1874(明治7)年

  • 西村茂樹(45-46歳)、漢字廃止論者として、『開化ノ度ニ因テ改文字ヲ発スベキノ論』発表。

1875(明治8)年

  • 西村茂樹(46-47歳)、大槻磐渓、依田學海、平野重久らと、漢学者の集まり「洋々社」結成。

1875(明治8)年

  • 西村茂樹(46-56歳)、10年間、天皇・皇后への進講を務める。

1876(明治9)年

  • 西村茂樹(47-48歳)、「修身学社(後に社団法人日本弘道会)」創設。

1879(明治12)年

  • 西村茂樹(50-51歳)、自身発案により、日本最大にして唯一の官撰百科事典『古事類苑』編纂開始。

  • 西村茂樹、東京学士会院会員に。

  • 西村茂樹、貴族院議員に。

  • 西村茂樹、宮中顧問官に。

1887(明治20)年

  • 西村茂樹(58-59歳)、『日本道徳論』刊行。日本の近代教育制度が整備されつつある中で、国民教育の根本精神が重要な問題として議論されるように。首相・伊藤博文をはじめとする極端な欧化主義的風潮を憂慮。日本道徳の再建の方途として、伝統的な儒教を基本に、西洋の精密な学理を結合させるべきと説く。国家の根本は制度や法津よりも国民の道徳観念にあるとし、勤勉・節倹・剛毅・忍耐・信義・進取・愛国心・天皇奉戴の8条を国民像の指針として提示。文部大臣・森有礼はこれを読んで大いに賛成するも、伊藤博文首相は新政を誹謗するものとして怒り、文部大臣を詰責。

1888(明治21)年

  • 津田梅子(23-24歳)、留学時代の友人アリス・ベーコンが来日。留学を薦められ、再度の留学を決意。父・津田仙の知人、日本の商業教育に携わっていたウィリアム・コグスウェル・ホイットニーの娘・クララの仲介により、留学希望を伝え学費免除の承諾を得る。「華族女学校」校長・西村茂樹より、2年間の留学を許可される。

  • 西村茂樹、文部省編輯局長に。教科書の編集や教育制度の確立に尽力。

1902(明治35)年8月18日

  • 西村茂樹(74歳)、死去。享年、74歳。