東京高等学校

 

湯原元一

ゆはらもといち
1863(文久3)年8月12日/9月24日 - 1931(昭和6)年10月4日

1863(文久3)年8月12日/9月24日

  • 湯原元一、佐賀藩士石井家に生まれる。稼業は、医師。幼少時、母方の湯原家を継ぐ。

  • 湯原元一、佐賀藩校「弘道館」で学ぶ。後に、「弘道館」の流れを汲む「勧興小学校」で学ぶ。

  • 湯原元一、福岡県をはじめ、全国各地の公立尋常中学校で教諭として教鞭をとる。

  • 湯原元一、新潟県庁、北海道庁に出向。教育行政の指揮にあたる。

  • 湯原元一、「第五高等学校」教授に。同僚に、夏目漱石、小泉八雲。親交を深める。

1907(明治40)年

1917(大正6)年

1921(大正10)年11月

  • ​第二次高等学校令に基づき、官立「東京高等学校」創立。日本初の官立七年制高校で、尋常科、および文科・理科からなる高等科を設置。独特の教育制度の下、数々の傑出した人材を生み出す。「東京帝国大学」への進学率は8割に達した。初代校長に、湯原元一

1921(大正10)年11月

  • 湯原元一(58歳)、「東京高等学校」初代校長に。イギリスのパブリックスクールを範とする自由主義教育を推進。他校のバンカラ的な校風と一線を画すことに。

1930(昭和5)年

1931(昭和6)年10月4日

  • 湯原元一(68歳)、死去。享年、68歳。