司法省法学校

楠田英世

くすだひでよ

1831(文政13)年11月19日/1月2日 - 1906(明治39)年10月22日

1831(文政13)年11月19日/1月2日

  • 楠田英世、肥前佐賀藩に生まれる。


1868(明治元)年

  • 楠田英世(36-37歳)、会津戦争、仁和寺宮嘉彰親王の副参謀に。


1869(明治2)年2月22日/4月3日

  • 楠田英世(38歳)、新潟県知事に。

  • 楠田英世、「大学」少丞、後に「大学」大丞に。

  • 楠田英世、大史に。

  • 楠田英世、司法少判事に。

  • 楠田英世、制度御用兼勤に。

  • 楠田英世、司法中判事に。

1871(明治4)年5月11日/6月28日

  • 楠田英世(40歳)、「明法寮」権頭に。後に、司法大丞、司法大検事を兼任。江藤新平や箕作麟祥らと共に、民法会議に出席、旧民法の編纂に従事。

  • 楠田英世、司法省三等出仕に。

  • 楠田英世、兼明法頭に。

  • 楠田英世、法制課長に。

  • 楠田英世、左院御用掛に。

1876(明治9)年4月8日

  • 楠田英世(45歳)、元老院議官に。

  • 楠田英世、訴訟法取調委員に。

  • 楠田英世、民法編纂委員に。

1881(明治14)年7月27日

  • 楠田英世(50歳)、登記法取調掛委員長に。

1906(明治39)年10月22日

  • 楠田英世(76歳)、死去。享年、76歳。